とにかく汗が多くて着れる服が限られる

私はとにかく汗っかきです。冷え性なのに、少し身体を温めると大量の汗が出てきます。ワキはもちろん、背中やお尻、太ももの裏にも大量に汗をかきます。夏場はずっと肌が濡れているような状態で、キャミソールやタンクトップじゃ無くて、ワキをカバーできる袖のある下着をつけていないと上に着ている服に汗じみがすぐに出てきてしまいます。

効果あり?プルーストクリームを購入した私の口コミ&評価!

カフェなどで長時間座っていると、ボトムスを通り越してカフェの椅子まで汗で濡れてしまい、漏らしたみたいでとても恥ずかしいです。冬でも少し歩いたり、暖かい場所にいたりすると、夏と同じようにすぐに汗が出てきます。

もちろん濡れたままにしておくと不衛生ですし、1日の終わりの方には汗臭くなってきます。汗を少なくするために、水分の摂取を少し控えて見たり、デオドラントの商品をいくつか試して見ましたが、汗はあまり減らず、匂い付きのデオドラントの商品だと、自分の汗の匂いと混ざって気持ち悪くなるような匂いになってしまいます。汗を気にして、夏場は特に汗じみが目立つようなグレーの服は着れませんし、太ももとお尻の汗を気にして、薄めの生地のボトムスも履けません。自由にオシャレをしたいので汗を止めるために引き続き色々試してみようと思います。

脇汗に悩む方へ

 皆さんの中には脇汗がひどく、悩みの種になっている方はいませんか?知らないうちに脇汗をかき、脇から汗がダラダラ流れていたという経験をお持ちの方もいることでしょう。脇汗をかくと臭いが気になるだけでなく、シャツの脇が黄ばむ原因にもなります。今回は脇汗の対処法についてご紹介します。

プルーストクリームを購入

 まず、脇汗が出る原因についてです。人間の体内にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺、つまり汗が分泌される腺があります。

実は脇にはこれら2種類の汗腺が両方存在します。ということは当然、脇は体の中でも汗を多くかく部分ということになります。自分は脇汗が人より多いのではないかと思っている方は心配する必要はありません。脇汗は誰もが多くかいているものなのです。また、脇は汗が乾燥しにくい部分なので、脇汗が流れることも誰もが経験することです。

 とはいえ、やはり脇汗が流れるのは気持ちの良いものではありません。しかし、黙っていても汗を止めることは出来ません。そこで、脇汗を防ぐ方法をご紹介します。まず、制汗剤を使用することです。ドラッグストアではスプレー式、塗布式、シート式といったタイプの制汗剤が売られています。また、脇汗を根本から止めたい場合には、病院で発汗を抑制するボトックス注射や汗腺除去の手術という方法もあります。特に自分は多汗症ではないかと思っている方は、まずは専門医に相談して治療してもらいましょう。是非、皆さんも自分の生活スタイルに合った脇汗の対処法を実践しましょう。