梅雨時の髪の毛は、心のバランスを微妙に傾きます。

12歳位の頃から、自分の髪の毛が癖毛だと意識しはじめました。ニューモ 口コミ

微妙に動く毛先が、毎年梅雨時には、天然パーマがかかるのです。

ねえパーマかけたの?とか、もしかしてウィッグですか?もちろん女の人にです。

声かけるほうも話しかけ易いエレベーターの中で2人きりとか、コピー機の前で立っていたら後ろからとか、見られてます。

コロナ禍中出勤者数も減っていますが、立ち姿、ヘアスタイルは気にします。薄毛と、地肌マッサージはyou tubeで検索します。何が良いかシャンプーも、トリートメントもいろいろ試して、年代別に変えてきました。

10代は花王のシャンプー20代は、香り重視の資生堂、30代は、美容院オススメのケラスターゼ、40代はナチュラルにシャンプーしない波だけど、やっぱりヴィラロドラレノーボ にかわり、もうソロソロ馬油シャンプーに変わりつつあります。

現実には、白髪の混じりの毛の柔らかさと頭皮の硬さには、ツボマッサージが欠かせません。80歳になる姑と同居していた20年前を思い出しました。数日間、数週間の一時の事ではありますが、鏡の前で両手で頭皮マッサージをして白髪減ったと一緒喜んだりアロエベラの美容液の作り方を語りながら、わきあいあいとしていた頃を思い出しました。

と私も50代になりました。梅雨時は、まだ天然パーマがかかります。

そんなにくせ毛に悩まないで(^^)

こんにちは。アラサー主婦です。

みなさん、くせ毛で悩んでいませんか?私もくせ毛なので分かります。嫌ですよね。

私が特に悩んでいた時期は、中高生の頃でした。そうです。多感な時期です。

どうしても若いうちは自分と周りの子たちを比べてしまいがちですよね。

まぁたまに大人になっても比べたりしちゃいますが、、。

(人によるんでしょうが、、(‘_’))

私の場合は、歳を増すごとに気にならなくなってきました。

なぜかと言いますと、理由は2つあります。

http://joneshistory.net/

まず1つ目は【大事なのはケアすること】です。

私はウネウネしているか髪の毛が嫌で、お小遣いを貯めて縮毛矯正をしていました。

はじめは感動しましたが、2、3回かけてきた頃から、だんだん髪の毛が痛んでくるのがわかりました。

枝毛や切れ毛が半端じゃなくなりましたが、それでも私は縮毛矯正を続けました。

すると美容師さんからある日、ストップがかかりました。こんなに傷んでいる髪じゃダメだと。

その時、きちんとケアをしないとダメなんだと気づきました。(遅いw)

それからは、髪をバッサリ切って縮毛矯正をしばらくせず、ケアに重点をおくことにしました。

シャンプーを変えトリートメントを変え、髪をいたわる生活を送っていきました。

そしたら、髪の毛はくせ毛ではあるのですが、つやつやのさらさらになり、友達からもうらやましがられるようになったのです。

そして2つ目は【単純に自分は自分と思うようになった】です。

これはもう簡単。年です。年月が私をそうさせましたw

大人になるといろんな人と出会うので、気にならなくなりました。

大事なのはありのままの自分です。比べる必要なんかないです(^^)/

それが一番だと私は思っています。

二刀流で。

私は頭頂部が30代から薄くなってきたので、外用薬(頭皮に刷り込むタイプ)を使っていました。その薬は非常に高く続けるのが厳しいのですが、将来のことがあるので頑張って使っていました。しかし、ネットでもっと安価なものがさいか探していると、とても良い記事にたどり着きました。

効果や口コミは?ヘアージュの使い方から解約方法まで完全レポート!

私が使っている薬の「特許が切れるので、同じ成分のものが多く販売されるでしょう」というものでした。その通りでほとんど同じ成分のものが半額程度の値段で売られることになりました。すかさず私はその薬に変えました。そして、浮いた費用(約4,000円)をどうしようかと、あれこれ考えましたが、やはり、薄毛対策につか覆うと思いました。しかし、2種類も薬使うのは現実的ではないので、医療機関で使うことにしました。AGA治療で有名なところです。抜け毛の進行を止める薬の投薬です。

1か月分で3,000円です。毎回6か月分購入します。そうすると血液検査が無料になります。浮いたお金で大きく変わりました。抜け毛が止まるということ、医療機関であること、血液検査をしてもらえることなどいいことづくめです。1年くらいたったころには家族に「なんか、この部分増えてるんじゃないの?」と言われました。市販薬の特許切れによる安価な市販品=増やすとお手頃価格の医療機関=現状維持で私の薄毛対策はうまくいっています。